読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Fino Alla Fine

2016年2月中旬に結婚式をしてきたことをかきます

「岡村靖幸 結婚への道」を読みました

日常 読書

こんにちは、いくはらです。
今日は自分らの結婚式の話からはちょっとはずれるけど、最近読んだ本の感想を書きますよ。

読んだ本:「岡村靖幸 結婚への道」
ジャンル:対談集

岡村靖幸 結婚への道

岡村靖幸 結婚への道

一度も結婚をしたことのないミュージシャン岡村靖幸が32人の結婚経験者(あるいは独身主義者)に「結婚とは何か?」をインタビューしまくったその記録。
いつもファッション誌を逸脱しそうなファッション誌「GINZA」で連載中の大人気対談「岡村靖幸 結婚への道」が、ついに書籍になります。「結婚したい、けどどうしたら理想の相手に巡り会えるのか? 結婚したら愛は冷める?育児ってやっぱり大変?」。「結婚」という大きなステージの前で逡巡しながら、21世紀の青春を悩み謳歌するミュージシャン・岡村靖幸。作家、ミュージシャン、女優…尊敬する先輩、同輩たちに「実際のところ、結婚ってどんなものなんでしょう?」と率直な疑問をぶつけます。坂本龍一横尾忠則糸井重里藤井フミヤ内田也哉子吉本ばなな…まっすぐでピュアな岡村ちゃんにだけ語ってくれた、驚くべき「結婚の真実」。豪華ゲスト30人まとめて収録!
緻密なリサーチ(!)をベースに阿川佐和子さんもびっくりの、粘り強く、率直&素っ頓狂な質問の連続に、「そこまで言って大丈夫ですか?」とこちらが聞きたくなる、本音と秘蔵エピソードが満載の約300ページ。「結婚」への見方が大きく変わる、揺さぶられること間違いなし。結婚してる人も、してない人も、してた人、しようとしてる人も全国民必読(!?)の結婚バイブルが誕生しました!

 (Amazonの商品紹介から引用)

 

この本を知ったきっかけは、結婚式を終えた後、前髪を切るぞー!と行った美容院で雑誌を出してもらって、そこの新刊紹介ページに載っていたのを見たこと。GINZAだったかもしれないし違ったかもしれない。

"岡村ちゃん"さんについては、ミュージシャンである、お好きな方がたくさんいらっしゃる、ビバナミダ聞きました、くらいしか知識がない人生だったんだけど、その雑誌に書いてあった紹介に何かピンとくるところがあったんでしょうね、なんだかちょっとひっかかっていて。(そんな浅いアレなんですが、以下、岡村靖幸さんのことを本書内でも表記のあった岡村ちゃんで統一して書かせていただきます…)

 それでこの間、渋谷に用があって一人で行き、帰る電車は多少かかるので何か本が欲しいわと思いまして、ブックファーストに寄りました。
ちょっと前にTLで見かけたあの小説を買ってみようかな、この間ラジオで映画紹介を聞いたものの原作小説を買ってみようかな、とそんなことを考えながら本屋さんに入って、ふらりと小説コーナーをめぐっているときに、「アッ、そういえばこの間レビュー見て気になってた岡村ちゃんの結婚の本が欲しいぞ」とふと思い出して、芸能人エッセイあたりを流して現物とご対面いたしました。
大きさはイメージ通りだったし書影どおりの表紙が置いてあった。けど、手に取ってびっくり、天地小口がショッキングピンク!思わず1回棚に戻しました…wが、もう1度手にとって、お会計をし、カバーをかけてもらって帰り道から読み始めました。
ブックファーストの薄紫のカバーにショッキングピンクの小口染めってすごく春っぽい…。

 

runan ikuharaさん(@r1242)が投稿した写真 -


そんなわけで、「岡村靖幸 結婚への道」そのまま数日ゆるゆると読み進めまして、先日読了いたしました。ちょこっとずつ読んで1週間くらいかな。

読み終わってまず最初に、未婚既婚にかかわらず生き方のサンプルがこんなに読めるのすごい本だぞ!ってなった。
結婚できる年齢の著名な老若男女30組に「結婚とは何ぞや」というのを問うて回るわけなんですが、毎回、結婚観・(既婚者の方は)結婚する前としてからの価値観の変わり方・(離婚されている方は)離婚を経ての今の結婚観・相手に求めるもの・岡村ちゃんの結婚観に関するツッコミ・岡村ちゃんへお勧めするならこんな人…というのがほぼ必ず書かれていて、結婚についての皆さんの考えが一望しやすい。一覧表にしやすいというか。

こういう本をあんまり読んだことがなかったなあと思うんですが、対談集でもここまで「聞く項目」が決まっているものって意外と少ないんじゃないかなーと思って、頭で整理しやすく入ってきやすい対談でした。
あとは岡村ちゃんがすごく下調べをして対談に挑んでくださるので、あまり存じ上げない人でもその人となりが、その人の対談の項を読むだけで分かる、というのもすごいありがたい点だなあと。

入籍前後~結婚式あたりまでの間で何度となく、旦那さんと2人で「結婚に関する話っていうのを色んな人に聞いてみたい!」という話をしていて、お友達にも飲み会ついでにうっすらお話を聞いたりもしたけれど、ここまで突っ込んだ話は聞きたくてもなかなか聞けないところだったので、そこの知りたい欲をうまく消化できて、思った以上に満足感のある読書でした。

それぞれのお話もものすごい質量にグッとくるし、恋愛観・結婚観・家族観・人生観をまるごとひっくるめて甘さ控えめ実録多めの愛の話、が30本分の短編小説のように読めるすごい本だぞ!
ということで、どのステータスの方にも前のめり気味でオススメできる本でした。

 

この本で特にグッときたところを2つ、最後に置いておきます。

1つ目は、ちょうど「好きなものをぶっ叩かれると好きじゃなくなっちゃう?」みたいな話題があったころ、糸井さんの項に書いてあった部分を読んでしっくりきたとこ。

twitter.com


誰にも邪魔されず野次られず茶化されず、静かに自分の中だけで愛でるのもいいよねって思います。

2つ目は、1冊を通して「再婚」って1度も使ってないところがすごくすごく良いなって思いました。
同じ意味で書いたとしても「○度目の結婚」っていうのと「再婚」て言うのじゃ、ぱっと見の印象がだいぶ変わるし、そこを徹底されててすごいなって。あと中身の文体も全体的にすごく丁寧で不快なく読めたのも良かったです。

あと個人的には、岡村ちゃんの夫婦の理想像としてジョンとヨーコの話がちょくちょく例に出てくるのが面白かったです。

 

そんな感じで最近読んだ本の感想でした!
この記事の下書きを読んで旦那さんも読んでくれる気になって、ページを繰り始めたようなので、読み終わったら感想を聞いてみたいと思います。